タイトルを付けてもらえる幸福

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 00:31
*タイトルを付けてもらえる幸福




最近、ちょくちょく取材をしていただけるようになり、その取材を記事にしてもらった時にこそばゆい感じがするのが、「タイトル」です。


自分だけでやりだした「がん家族サポート」という活動が、自分のまったく知らない人に感想や伝えたいことを書いてもらうことの代表にあるのがタイトルのように思います。


ああ、この記者さんはインタビューの時、こんな風に思ってくるていたんだ。というのが、記事の内容で、
インタビューを聞いて、どう読者に伝えたいかという現れはタイトルだと

書いてくださった記事を読んで感じました。




つまりこの記者さんは、私が伝えたいという事を、私の代わりに伝えてあげたいと考えてくれたのだと、愛情あるタイトルを見てそう思いました。




以前とある地方新聞の方にちょっと残念な記事を出された事があるので、余計にどんな内容で書いてくださるのかを気にするようになっているのも事実ですが。。。



*1人より2人、3人
私は常々思っていることは、良いことだろうが、実のあることだろうが1人でやっている間は1人ぶんしかならないけど、想いを多数の人数で行えば必要としている人のもとへも必ず届くということです。


1人では限りがあるのです。




この記者さん達はがん家族の元へ行き、リフレをしたり話しを聞くわけではないけれど、自分の得意分野なことで協力をしてくださっているので、私たちの支援者です。


いや、同じ気持ちを持っている人たちなんですね。




だから、私は嬉しいのです。

がん家族を支えたいという人は、ボラだけじゃなく、記事を書いてくださった方々もそうなんだ、ということを大声で言いたいくらいです。



がん患者を看病している家族には協力者がたくさんいることを知ってもらえると、またまた嬉しいです!







「がん家族セラピスト」
酒井たえこ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM