出版の大変さ

  • 2017.05.08 Monday
  • 18:03
【本を出版するという大変さ】
私はこれまで、素人でありながら KADOKAWAでwebサイトを書かせてもらったり、関西テレビやJCOMテレビのお手伝いをするチャンスを、みなさまに頂いてきました。

そこで、感じたのは 本は(メデイア)簡単には作れないということです。



そして良いものを作るには、幾人ものプロの力が必要です。

今年夏に販売される私の本にも、 「おふぃす・ともとも」さんが、かなり細かく打ち合わせをして私らしい表現を伝えられるようにレクチャーをしてくださっています。


そして出版をしてくださる「ISN」代表、岩本さんは私の良いところを引き出そうと自由にさせてくれ、締めるところはプロである出版社がキチンとしたものにしてくださっています。


まだまだいます、デザインを担当してくださる荒賀さんや広報担当者さん、校閲や印刷と、言えばきりがない多くの方々が作りながら 口揃えてこう言っています。


「この本は良いです!自分の家族に読ませたいくらいの本当に良い本です」




本の出版にシビアになっている出版業界において、作る側スタッフ全員が、こんなにも気持ちをこめて作れるものはそうそうありません。




私は、そんな制作スタッフみなさまと出会えてラッキーです。幸せ者です。



どうか、私の幸せが「がん患者を看病している人」達にお分けできますよう、願いを込めて 5月本制作の表紙デザイン打ち合わせにとりかかります。



がん家族セラピスト 酒井たえこ 「がん患者の家族を救う55のQ&A」FBページ https://m.facebook.com/gankazoku/
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM