癌を理解しやすくなる本の見方

  • 2017.03.06 Monday
  • 01:08
【癌のことが理解できるようになる 本の読み方】

癌が理解できる本の読み方編


「がん家族看病サポート協会」の酒井が 相談者さんからの質問で多いのがこの質問です。 そして、お答えしている内容をご紹介いたしますので、参考にしてください。

質問:医師の説明で、癌の治療法や、癌そのものがわからない(理解できない)場合はどうしたらいい?


答:癌という病気のことを、私たち素人がいきなり理解をすることは、かなり難しいことです。

そもそも、癌ってどうしてなるのか。
癌ってどこにでも発生するのか。
癌の治療の種類。
患者の癌はどんなタイプ?
癌になると何がおきて、何がこまるの?
他にもたくさん知りたいことはありますね。

私たち素人が、どうやって癌のことを理解すればいいかということですが、まずは専門書を読むのがいいと思います。

ただ、いきなり「癌の〇〇」という本は意味がありません。私たちはきっと、医師に告げられた癌の生存率を見てそれが答えなんだと錯覚をしてしまいます。

そうではなく、癌がどんな病気かを知ることが1番大切です。

「癌について理解しやすくなる本の読む順番をご紹介いたします」


順番
★「体の本」(小学生でもわかる簡単な体の解剖学の本)
   ↓
★「癌についての本」
   ↓
★「癌治療の本」


説明
まずは癌の原発部位や、支障をきたしている部位の(器官)構造と働きなどを「体の解剖学の本」で知りましょう。
臓器や各器官の働きを知ると、癌そのものというより、癌によって侵された部位がどのように困るのかが理解できます。すると、医師が行う治療の内容や意味が理解しやすく、そしてケアもしやすいのです。



★例 胃癌の場合
胃・・・胃は筋肉で出来ており内部を粘膜でおおわれている。胃の働きは、胃の運動により食物を粥状にくだき 酵素などが混ざり消化して小腸へと送ることが主な働きです。

このことから理解できること・・・癌の影響により消化が悪くなる。便に異常をきたしやすい。血液にきちんとした栄養が送りにくくなる。胃が痛くなる。などが考えられる。

理解できる治療内容・・・癌を消去(手術・抗がん剤・放射線治療など)し、影響を受けていた症状を治療していく。

その他・・・薬の副作用・患部摘出による支障・特殊機器内臓

注意:上記例は治療の推進例ではありません。上記以外の治療法はたくさんあります。




また、部位の(器官)構造と働きなどが載った本は、 「体の構造を書いた本」「簡単な解剖の本」などをオススメします。 (題名ではありません)


そして「体の本」を読んだ後に、「癌についての本」を読むと 癌について理解しやすくなります。 最後に、理解を出来た後「癌治療の本」という順番で専門書を読んでいくと 治療への早道となります。


また、この本の順番で読んで理解を深めると、患者の「生活」「生き方」をより深く考えることが出来ます。







がん家族セラピスト 酒井たえこ
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM